/

この記事は会員限定です

書籍購入額、和歌山県が下位 自然豊かで趣味多彩?

おカネ知って納得

[有料会員限定]

和歌山に赴任する際、名前から紀伊国屋書店の大きな店舗の存在を想像した。しかし来てみると、県内に紀伊国屋はおろか三省堂や丸善といった大型書店はなかった。読書の秋を迎え、和歌山の読書事情を探った。

県の調査統計課がまとめた令和3年(2021年)度「指標からみた和歌山県のすがた」によれば、19年の全国47都道府県別「書籍等の月間購入金額」で和歌山(2952円)は38位。全国2位の京都府(3854円)と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません