/

関西電力、走行中のEVに給電 万博での展示めざす

関西電力ダイヘンなどは19日、走行中の電気自動車(EV)に自動的に給電するシステムを共同開発すると発表した。太陽光発電など再生可能エネルギーが需要以上に増えた際、余剰電力を有効に生かすことも狙う。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の省エネルギー技術研究開発プログラムに採択された。

給電システムをダイヘン、コイルなどの道路への埋設を大林組、エネルギーマネジメントシステムを関電が担当する。技術開発では東京大学や東京理科大学、大阪大学とも連携する。25年国際博覧会(大阪・関西万博)の会場内での展示を目指す。

バスや営業車といった商用EVを対象に想定。車が減速・停止する信号機の手前に設備を用意し、車載バッテリーの残量や再生エネの余剰発電量に合わせて自動的に給電する。2023年にダイヘンの試験場で実機を使って試験し、課題を洗い出す。発生する電磁波の安全性も評価する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン