/

この記事は会員限定です

車いすテニス上地選手 「明るく前向き」メダルに結実

[有料会員限定]

東京パラリンピックの車いすテニス・女子シングルスで3日、上地結衣選手(27)が前回大会の銅を上回る銀メダルを獲得した。小学生の時に車いすスポーツと出合い、頂点を目指して前向きに自らを鍛え上げてきた。「できることはやりきった」。惜しくも決勝は敗れたものの、懸命な粘りのプレーに関係者から惜しみない賛辞が送られた。

第1セットを失い、第2セットは対戦相手に食らいついてマッチポイントを何度もしのいだが、タ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン