/

村田製作所、長岡京市と包括連携 JR駅前広場を刷新

村田製作所は19日、京都府長岡京市と包括連携を結んだ。村田製作所は同市に本社を構えており、持続可能な地域発展を目指して両者が協業する。第1弾として、JR長岡京駅前の広場を2年かけて再整備する。屋根のあるベンチなどのくつろげる空間を作り、バス運行情報を示すデジタルサイネージ(電子看板)やWi-Fi(ワイファイ)など多機能を備えるスマートポールを設ける予定。

電力は太陽光など再生可能エネルギーで賄う。近くの屋根に太陽光パネルと蓄電システムを設ける。関連の事業費は未確定だが、太陽光パネルや蓄電システムなどは村田製作所が寄付する予定。

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン