/

この記事は会員限定です

細る「いのちの電話」 相談員減少、自殺増への対応苦慮

[有料会員限定]

孤独や絶望を抱えた人々の支えとなってきた「いのちの電話」が揺らいでいる。相談員の高齢化や新型コロナウイルスの感染拡大で、深夜の相談を中止したり、電話回線を減らしたりする運営団体が相次ぎ、自殺者の増加に対応しきれていない。「救える命があったのではないか」。悲痛な訴えに寄り添ってきたスタッフは深いため息をついた。(渡辺夏奈)

「コロナで会社が倒産してしまった」「もう頼れる人がいない」。8月中旬、大阪市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン