/

ホテルグランヴィア大阪など、酒類再開へ 館内バーも

ホテルグランヴィア大阪は21日から酒類提供を再開する

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が20日で解除となることを受け、大阪のホテルで酒類提供を再開する動きが出てきた。

JR西日本グループが手掛けるホテルグランヴィア大阪(大阪市)は館内レストランでの酒類提供を21日から再開すると発表した。大阪府から「感染防止認証ゴールドステッカー」の交付を受けた。酒類提供は午後7時までとし、原則2人以下のグループに限る。4月25日から休業していたバーや一部レストランも6月21日から再開する。

ホテルニューオータニ大阪(同)も「ゴールドステッカー」認証を受けた館内の中華料理店で酒類提供を21日から再開する。同店では2人組限定で90分飲み放題のプランも始める。

大阪府など関西3府県は同日から7月11日まで緊急事態宣言に準じた措置が取れる「まん延防止等重点措置」が適用される。飲食店の酒類提供は条件付きで容認されることとなった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン