/

この記事は会員限定です

放火で奪われた「心のよりどころ」 患者800人ケア課題

大阪ビル放火

[有料会員限定]

大阪・北新地のビル放火殺人事件では「西梅田こころとからだのクリニック」が現場となった。クリニックでは職場復帰を支援する「リワーク」に力を入れ、働きながら通えるよう夜間帯も診療。800人ほどが通っていたとされる。事件発生から約3週間。心のよりどころを奪われた患者たちからは不安や悩みの声が上がり、医療機関の受け入れやケアなどが課題となっている。

「これからの治療をどうすれば……」。花束を携えて火災の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1519文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン