/

この記事は会員限定です

関西馬、上半期のGⅠ負け越し 宝塚記念で一矢報いるか

[有料会員限定]

競馬の上半期のGⅠ戦線も26日の宝塚記念(阪神芝2200㍍)を残すのみとなった。ここまでGⅠ11戦を消化して、関西馬は4勝。残り1レースを残す段階で、7勝を挙げる関東馬の勝ち越しが決まった。上半期のGⅠで関西馬が負け越すのは2010年以来、12年ぶりという不名誉な記録。宝塚記念も関東馬が優勢とみられるが、関西馬が一矢を報いて、秋の逆転へ弾みをつけられるか。

今年最初のGⅠ、フェブラリーステークス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り838文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン