/

この記事は会員限定です

「特捜検事が違法な取り調べ」の告発状、大阪地検が受理

[有料会員限定]

学校法人明浄学院(大阪府熊取町)の資金を巡る業務上横領事件で、大阪地検特捜部に所属していた男性検事2人が事件の関係者に対し違法な取り調べをしたとして、提出されていた証人威迫容疑などでの告発状について、同地検が受理したことが18日、関係者への取材で分かった。受理は11日付。

関係者によると、告発状は今年3月、同事件で業務上横領罪に問われ、無罪が確定した東証スタンダード上場の不動産会社プレサンスコーポレーション

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン