/

この記事は会員限定です

TOYOや住友ゴム、北米でタイヤ生産増強 SUV人気で

[有料会員限定]

関西拠点のタイヤ大手、TOYO TIRE住友ゴム工業が北米事業を強化する。米国工場の生産能力を増強中のTOYOは2021年9月までに、19年末に公表した生産能力に対し9%増の年1390万本に引き上げる。住友ゴムは23年末までに米国工場の生産能力を現在の2倍にする。米国やカナダは新型コロナウイルスの影響でアウトドア人気が高まり、高単価の多目的スポーツ車(SUV)用の製品が好調。中期的な市場拡大も見込む。

「『オープンカントリーA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン