/

速さと安全を両立、日の丸レース車「童夢」製造の裏側

LBSローカルビジネスサテライト

時速200キロメートルを超えるスピードで速さを競うフォーミュラカー。極限の世界に挑む多くのドライバーから信頼される車体を製造するメーカーが滋賀県米原市に本社を置く童夢だ。流体解析を行って空気抵抗を抑えながら、独自技術でカーボン繊維を貼ることで車体を軽量化。同時に、車の先頭部分には特殊な構造を採用することで50トンの衝撃にも耐えられるようにし、運転席をしっかりと守る。軽くて速く、そして安全――。現在では国内だけでなく海外でも認められ、輸出先が増えている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞とTXN系列5局(テレビ大阪、テレビ愛知、TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち)による動画コンテンツ「LBSローカルビジネスサテライト」。躍動する地域経済と地方企業の取れたてニュース・トレンドを各地のリレー方式で発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン