奈良県立医科大学MBT研究所 心拍データ蓄積、病気予防に - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

奈良県立医科大MBT研究所 心拍データ蓄積、病気予防に

キャンパス探訪

[有料会員限定]

奈良県立医科大学MBT研究所は、医学に基づいて住民の健康増進を目指すまちづくりを提唱している。住民の心拍数などの生体情報や日々の電力使用量のデータを分析することで、病気の予防や高齢者の見守りにつなげる。独居老人の安否確認作業の効率化など自治体にとっても利点がある。

「MBT」はMedicine-based Townの略称で医学を基礎とするまちづくりという意味だ。「社会実装を見据えているのが特徴だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り378文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関西タイムライン

コラム「関西タイムライン」は関西2府4県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山)の現在・過去・未来を深掘りします。経済の意外な一面、注目の人物や街の噂、魅力的な食や関西弁、伝統芸能から最新アート、スポーツまで多彩な話題をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません