/

この記事は会員限定です

日本電産、関氏がCEO就任「日本屈指の難しい引き継ぎ」

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

日本電産は22日、京都市内で株主総会を開いた。総会後の取締役会で、最高経営責任者(CEO)を創業者の永守重信会長から関潤社長に引き継ぐことを決めた。永守氏は総会で「これ以上の人物はいない」と指摘。創業以来50年近く担ってきた経営責任を負う役割を、「後継者」と見定めた関氏に渡す意義を強調した。

「関氏が期待通りにやってくれなかったら、(目標とする)売上高10兆円をやれる人はいない」――。株主総会後、関氏と並...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り886文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン