/

この記事は会員限定です

京都蒸溜所、クラフトジン「季の美」 職人技で混合の妙

酒紀行

[有料会員限定]

日本初のクラフトジン「季の美」を生み出した京都蒸溜所(京都市)は、JR京都駅から車で約15分南下した工場や倉庫が立ち並ぶ場所にある。一見倉庫のような建物の内部は、蒸留設備がびっしりと並ぶ。

目を引くのは、茶色く先が曲がったような形状のポットスチル(蒸留器)だ。蒸留器には小窓が付き、液体の中を刻んだかんきつ類の皮が浮き沈みする蒸留工程が見える。「今日はシトラス系を蒸留しています」と蒸留技師の高橋将さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン