/

大阪ガスの22年3月期、純利益58%増 減益予想から一転

大阪ガスは18日、2022年3月期の連結純利益が前の期比58%増の1280億円になったと発表した。4%減の775億円と見込んでいた従来予想から一転増益となる。米国の子会社が参加する事業が好調なため、設備の減価償却の期間を複数年から即時実施に変更した。課税所得の対象が減り、繰り延べ税金資産の積み増しにつながった。

同社は子会社を通じてテキサス州でシェールガスを生産しているほか、液化天然ガス(LNG)製造事業などに参加している。原油高を受けて米国事業の採算が上向いている。売上高は16%増の1兆5860億円と、従来予想から390億円上方修正した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン