/

この記事は会員限定です

小型ロケット「カイロス」と命名 スペースワン

[有料会員限定]

小型ロケット開発のスペースワン(東京・港)は18日、和歌山県串本町で建設が進む発射場から打ち上げるロケットを「カイロス」と命名したと発表した。カイロスは小型衛星を地球周回軌道まで運ぶロケットで、今年度中に初号機打ち上げが予定されており、20年代半ばには年間20機の打ち上げを目指している。

カイロスは高さ18㍍、重さ約23㌧の固体燃料3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン