/

ワクチン2回接種者、新規感染の0.9% 大阪府の6月以降

大阪府は18日、府内で6月以降に確認された新型コロナウイルスの新規感染者のうち、2回のワクチン接種を完了した人が0.9%だったとする調査結果を公表した。吉村洋文知事は記者会見で「ワクチンの効果は非常に顕著だ。ぜひ接種していただきたい」と語った。

対象期間は本格的なワクチン接種開始後の6月1日~8月15日。新規感染者は累計で3万2740人にのぼり、このうち2回接種した人は303人だった。303人の中で重症化や死亡に至ったケースはゼロだったという。

2回目のワクチン接種後、米ファイザー社製では約7日、米モデルナ社製では14日が経過すれば、免疫を獲得できるとされる。ただ接種を終えても感染するリスクがゼロになるわけではない。

新型コロナ特集ページへ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン