/

パナソニックHDの週休3日制 試験導入は5000人対象に

パナソニックホールディングス(HD)は18日、2022年度内に予定する週休3日制の試験導入について、選択できる従業員は約5000人になると明らかにした。持ち株会社と、間接業務を手がける子会社の全従業員が対象。2社の中で実際の導入対象とする職種や部門などは今後詰める。導入後の給与体系などの詳細は労働組合と協議していく。

同日開いたマスコミ向け説明会で、人事担当の三島茂樹執行役員が明らかにした。パナソニックグループの日本国内の従業員は約6万人で、今回の試行対象となる5000人は8%強に相当する。ただ、全員が週休3日を選ぶわけではなく、具体的な人数の目標も未定だという。

同社は試験導入を通じて課題を洗い出し、傘下の各事業会社の判断で週休3日制の導入などを検討できるようにする。休日を増やすことで副業や学習、地域ボランティアなど会社外の取り組みを推奨し、社員が働きやすい環境をつくる狙いがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン