/

この記事は会員限定です

関西企業の22年3月期、18%増益へ コロナ前水準を回復

[有料会員限定]

関西の上場企業の業績が2022年3月期に伸長する見通しだ。純利益の合計は前期より18%増え、新型コロナウイルス感染拡大前の水準を上回る。自動車やスマートフォンなどの需要が世界で増え、非製造業も底入れを見込む。ただ鉄道やサービスなどで引き続き厳しい企業も目立ち、回復の差が際立ちそうだ。

関西に本社を置く3月決算の上場企業(金融・新興市場除く)のうち、5年連続で比較できる330社を対象にまとめた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン