/

この記事は会員限定です

大阪マラソン、期待の経済効果は? コロナで減少も

おカネ知って納得

[有料会員限定]

2月27日開催予定の大阪マラソン。昨年、一昨年と新型コロナウイルスの影響で中止されたため、約2年3カ月ぶりの開催となる。心待ちにしていたランナーも多いだろう。近年は市民ランナーが増えマラソン大会も全国各地で開催されているが、実は自治体にも大きな経済効果があるという。

2019年12月に開催された「第9回大阪マラソン」には、国内外から約3万3000人のランナーが参加した。関西大学の宮本勝浩名誉教授...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン