/

大阪府、18日の新規感染3865人 24人死亡

(更新)

大阪府は18日、新型コロナウイルスの新たな感染者を3865人確認したと発表した。新たに24人の死亡が判明し、府内の累計死者数は4449人になった。府によると、死者には10代の男性1人が含まれるが、コロナが死因ではないと説明している。残る23人は60~90代の男女だった。

18日時点の重症者は前日から2人増の133人で、重い持病などを抱える軽症・中等症患者らを含め重症病床(620床)の実質の使用率は28.5%となった。軽症・中等症病床には1891人が入院しており、軽症・中等症病床(3422床)の使用率は55.3%となった。それぞれの病床数は、確保数を超えて実際に運用しているものも含んでいる。

府が設置した臨時医療施設「大阪コロナ大規模医療・療養センター」での療養者は50人で、そのうち3人が中等症患者だった。

新規感染者のうち、感染者と同居して症状があり、PCR検査を受けずに医師の診断で陽性と判断された濃厚接触者は303人だった。自宅療養者は3万3483人となり、公費によるPCR検査などを2万2203件実施した。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン