/

くら寿司、京都にインバウンド向け新店舗 映える内装に

くら寿司は18日、京都市内でインバウンド(訪日外国人)をターゲットに日本風の内装を施した新店舗をオープンすると発表した。若い世代に向けて「SNS(交流サイト)映え」も意識した。インバウンドの回復や国内観光客の増加を見据え、店内での飲食体験を高めて集客につなげる。

繁華街の新京極で19日に開く「くら寿司 京都店」は、白木造りの内装やロゴのネオンサイン、客席ごとの「のれん」、巨大浮世絵、相撲の番付を模した装飾などを設置した。一皿の価格は通常の都心型店舗と同じ税込み125円から。18日の記者会見で岡本浩之取締役は「デリバリーなど店外での飲食は競争が激化しており、伸びしろが限られる。外食本来の魅力である店内での飲食を強化していく」と話した。

同様の店舗は新形態の「プラス型店舗」として、7月にはアトレ大森(東京都大田区)にも開業を予定する。岡本取締役は「多くの観光客が訪れるようなふさわしい場所があれば、同様の店舗の出店を検討したい」と話した。

同社はこれまでエンターテインメント性を高めた「グローバル旗艦店」を大阪の道頓堀、東京の浅草と押上、原宿に計4店舗展開してきた。新型コロナウイルス禍の収束をにらみ、店内での飲食の付加価値を高める戦略を加速する。

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン