/

この記事は会員限定です

無差別襲撃リスク、対策強化へ合意急務 大阪ビル火災

(更新) [有料会員限定]

大阪市の雑居ビルで17日に起きた火災は24人の犠牲者を出す惨事となり、不特定多数が出入りする公共の場の警備が難しい現状を改めて浮き彫りにした。容疑者の男(61)は4階クリニックの受付付近で放火したとみられ、首都圏の私鉄で相次いだ刺傷事件同様、テロに類似した無差別襲撃が日常を脅かすリスクは高まっている。先端技術を活用した対策強化を求める声も上がるなか、プライバシー保護を含めた社会の合意形成がカギに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1368文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン