/

体長2メートルのヘビが逃走 岡山・倉敷、毒なし

岡山県倉敷市福田町のアパート駐車場で、ニシキヘビの一種「ボールパイソン」(体長約2メートル、重さ約2キロ)が車から逃げたことが18日までに分かった。ペットとして飼われていたもので、県警水島署が捜索している。毒はなく、比較的おとなしい種類だが、かみつく可能性があるとして、警戒を呼びかけている。

同署によると、飼い主は仕事で不在の間、ヘビを知人宅に預けていた。15日に車で引き取り、自宅のあるアパートの駐車場で荷物の搬入をしていた15日夜に車から逃げた。飼い主は周辺を捜索したが見つからず、17日午後、署に通報した。ボールパイソンは飼育許可は必要ない種類という。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン