/

この記事は会員限定です

阪神・大山、前回ノーヒットノーランの今永から2発 

[有料会員限定]

交流戦は7本塁打、21打点の2冠。そのいい流れはいささかも衰えず、阪神・大山が前回に無安打無得点試合を達成したDeNA・今永から2打席連続のソロ。それでも大山は「4日間、僕だけじゃなく全員がいい準備ができたから」とみんなの手柄を強調した。

初回は2死一、二塁から四球を選んだ。というよりは今永が勝負を避けたように見えた。しかし続く糸原、山本が連続適時打。DeNAには痛い4点。ここでつかんだ流れを阪...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り457文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン