/

この記事は会員限定です

紀陽銀行、「大阪攻め」が奏功 自治体融資は利回り低下

関西地銀の通知表

[有料会員限定]

「大阪での中小企業向け貸し出しは増えている。名前も知られてきた」。紀陽銀行の原口裕之頭取は2022年3月期の決算会見で、地盤である和歌山県からの「越境融資」の手応えを強調した。

紀陽銀の事業性貸出全体に占める大阪府内の割合は57%(22年3月末時点)で、中小向けに絞れば割合は62%にまで高まる。前年からはそれぞれ1ポイント程度上昇。メイン取引の獲得に注力し、大阪で着実にシェアを拡大してきた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン