/

この記事は会員限定です

大阪電気通信大学、上方落語をARで再現 海外にも発信

キャンパス探訪

[有料会員限定]

大阪電気通信大学のゲーム&メディア学科が「AR落語」の開発を進めている。落語家の口演を3次元(3D)でコンピューターグラフィックス(CG)化し、拡張現実(AR)としてスマートフォン上で見せるものだ。

開発を主導したのはゲーム・アニメ制作を教えるナガタタケシ准教授。落語を題材にしたのは、ARと相性が良いと感じたからだ。「落語の映像は正面から撮影したものが多いが、しぐさや表情を色々な角度で見

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り390文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン