/

この記事は会員限定です

「北九州水素タウン」 街中走るパイプライン

カーボンゼロ 現場を歩く 水素編④

[有料会員限定]

新幹線で本州から西に向かい関門海峡を越え、九州で最初の駅である小倉駅に到着。在来線に乗り換えスペースワールド駅で降りるとジェットコースターの上り坂のような建物と煙突、先端が丸みを帯びた円柱状の建造物が3つ見える。北九州市の指定文化財にもなっている「東田第一高炉」だ。

ここ福岡県北九州市八幡東区の東田地区は明治時代に官営八幡製鉄所が整備され日本の近代産業発祥の地として栄えた。現在は「北九州水素タウン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1529文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン