/

この記事は会員限定です

横断歩道、だまし絵で安全対策 京都産業大の高嶌ゼミ  

キャンパス探訪

[有料会員限定]

「信号機のない横断歩道でどうすれば自動車に一時停止してもらえるか」。目の錯覚を利用した「だまし絵」(トリックアート)を使い、ドライバーの目には浮き上がっているように映る横断歩道が8月、京都府亀岡市内の小学校の通学路で2カ所に導入された。発案したのは京都産業大法学部の学生たちだ。

学生たちは所属する高嶌ゼミで、暮らしと切り離せない契約について身近な事例を題材に学んでいる。民法を学ぶ全国の大学のゼミが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り386文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン