/

「まん延防止」で酒類解禁 兵庫、平日限定午後7時まで

(更新)
記者会見する井戸敏三知事(17日、神戸市)

兵庫県は17日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、緊急事態宣言に準じた措置が取れる「まん延防止等重点措置」に21日から移行した場合の対応を決めた。重点措置の対象区域は神戸市、尼崎市、姫路市など15市町で、飲食店は感染防止策などを条件に平日は午前11時~午後7時の酒類提供を認め、土日祝日は県独自で提供禁止を要請する。

経済圏が重なる大阪府や京都府に先行して平日の酒類提供を解禁した理由について、記者会見した井戸敏三知事は「平日午後7時までであれば、大阪から兵庫まで飲みに来る行動はしにくい」と述べた。

宣言期間中、土日の休業を要請していた1千平方メートルを超える大型商業施設は営業を認める。平日と土日とも午後8時までの時短営業を要請する。

重点措置の対象区域では、飲食店に対して宣言下と同様に午後8時までの営業時間短縮を引き続き要請し、カラオケ設備の利用自粛を求める。平日の酒類提供の条件となる感染防止策は政府方針に沿うとしたが、具体的な内容がまだ示されていないと説明した。区域外では、県独自の措置として午後9時までの時短営業を要請し、酒類提供は午後8時までにするよう求める。

時短要請に応じた飲食店には協力金を支給する方針。金額などの詳細については今後詰めるとした。

イベントの開催に関しては、収容率5割以内かつ収容上限5000人以内を条件とし、大声による応援や歓声がないことが想定される場合には、収容率10割での開催を認める。

時短要請などの緩和を判断するための県独自の目安も公表した。①人口10万人あたりの1週間平均の新規感染者数が7日連続で2人以下②重症病床使用率が7日連続で20%未満――の2条件をクリアすれば、大阪府などの状況も勘案した上で要請緩和を検討するとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン