/

JR九州系、京都市内で宿泊特化型ホテル 関西初の開業

JR九州ホテルズは京都市内に宿泊特化型ホテルを26日に開業すると発表した。JR九州グループが関西でホテルを開業するのは初めて。客室やロビーを京都を意識したデザインにしたのが特徴で、3~4人部屋を多くしてグループの観光客も宿泊できるようにした。価格帯は1部屋平均で2万円前後とし、新型コロナウイルス禍の収束後は年間8割強の稼働率を目指す。

JR九州グループが高価格帯の宿泊特化型ホテルとして展開する「THE BLOSSOM(ザブラッサム)」ブランドとし、京都市営地下鉄「五条駅」から徒歩2分の立地に開業した。全体の客室数は180室で、うち40室程度を3人以上で泊まれるようにした。九州などから京都を訪れた観光客やインバウンド(訪日外国人)などの利用を想定する。

休憩スペースなどには京都にゆかりのある芸術家の作品やアートを展示し、宿泊客が楽しめるように工夫した。朝食はビュッフェ形式とし、京都や九州の食材を使った料理を提供する。JR九州ホテルズの角谷英彦社長は「京都市内は価格帯の近い競合ホテルも多いが、レストランや大人数対応の部屋で差異化を図る」と話した。

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン