/

この記事は会員限定です

うめきた2期、ヒルトンの最上級ブランドが開業へ

[有料会員限定]

JR大阪駅北側の再開発計画「うめきた2期」で、開発を担う三菱地所など9社が米ヒルトンの最上級ブランド「ウォルドーフ・アストリア」の誘致を軸に検討していることが分かった。早ければ2025年国際博覧会(大阪・関西万博)前に開業する。大阪で供給が不足している高級ホテルを新設し、国内外の富裕層の呼び込みにつなげたい考えだ。

うめきた開発は旧梅田貨物駅跡地を中心とする約24ヘクタールの大型開発計画だ。東側の約7ヘク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り280文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン