/

この記事は会員限定です

水道老朽化トップの大阪府、市町村の5割が経営統合へ

データで読む地域再生

[有料会員限定]

上水道の老朽化が深刻な関西で、市町村別に分かれた事業を統合する動きが広がっている。先行するのが、設置から40年超の老朽管比率が33%と全国ワーストワンの大阪府だ。浄水処理から家庭への給水まで統合することで合意したか、もしくは検討している市町村数は府内の5割にのぼる。広域化によって無駄を省き、水道管更新の資金を捻出するのが狙いだ。

府の最南端にある阪南市と岬町で、水道施設の一部を統廃合する計画が進...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン