/

この記事は会員限定です

ダイハツ、AI人材を自社育成 手作り設備で費用抑制

[有料会員限定]

ダイハツ工業は人工知能(AI)を使って業務改善ができるAI人材の自社育成を始めた。画像認識による部品検査など業務内容を絞って教育することで、2カ月でアルゴリズムの構築ができるようになる。2022年1月までに大阪府と京都府の2工場にAI人材を配置して生産性の向上を目指す。今後は事務職にも広げて5年内に200~300人を育てる。

大阪府池田市にある本社工場内。小型ワゴン車「トール」の天井部品を接合する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン