/

この記事は会員限定です

孤立する無戸籍者 推計1万人超、届かぬ行政支援

[有料会員限定]

無戸籍者の孤立が悲劇を生んでいる。全国に1万人以上と推計され、大阪府高石市では70代女性が支援を受けられないまま餓死する問題が起きた。離婚後300日以内に生まれた子を前夫の子とする民法の「嫡出推定」を避けるため、母親が出生届を出さず無戸籍となる子どもも目立つ。行政の実態把握が遅れており、十分な支援が届いていない。(札内僚)

「息子に戸籍をください」。3月、西日本にある家庭裁判所の法廷で、30代女性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1411文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン