/

この記事は会員限定です

在宅率公表、関西企業に対応の動き パナソニックなど

[有料会員限定]

関西経済連合会などが会員企業に対し、在宅勤務比率などの公表を検討するよう協力を要請して17日で1週間がたち、関西企業に対応する動きが出始めた。パナソニック関西電力ダイドーグループホールディングス(HD)などは出勤者数7割削減に向けた取り組みを自社ウェブサイト上で公開。公表は企業の社会的な責任としつつ、どんな内容を公表するかといった線引きで悩む企業も多い。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため出勤者数を削減する企業の取り組みについて、政府や大阪...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン