/

警察追跡の車がビル衝突し炎上 京都、運転の18歳逮捕

(更新)

17日午前2時15分ごろ、京都府亀岡市追分町馬場通の市道で、パトカーに追跡されていた乗用車が、宝石店が入る複合ビルに突っ込み、車とビルの一部が炎上した。助手席の職業不詳の男性(19)が胸を強打して重傷、運転していた男子専門学校生(18)も軽いけがを負った。

京都府警亀岡署はこの男子専門学校生を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで逮捕した。追跡について「適切な職務執行だった」としている。

同署などによると、同市篠町浄法寺の交差点で巡回中のパトカーが信号無視を目撃し停止を呼びかけたが、乗用車が逃走したためサイレンを鳴らして約700メートル追跡。追跡をやめた後も車は走り続け、交差点から1.5キロ先で事故を起こした。車が衝突した複合ビルは3階建てで、1階の宝石店と2階のエステサロンが燃えた。出火当時、ビルは無人だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン