/

祇園祭、3年ぶり山鉾巡行 「動く美術館」都大路進む

京都・祇園祭は17日、ハイライトとなる前祭の「山鉾(やまほこ)巡行」が行われ、装飾品に彩られた23基の山鉾が都大路を進んだ。巡行は新型コロナウイルス感染拡大の影響で昨年まで中止しており、3年ぶりの実施。「動く美術館」とも称される豪華な山鉾を一目見ようと、沿道は多くの人で埋め尽くされた。

午前9時ごろ、笛やかね、太鼓で奏でる祇園ばやしの響きに包まれる中、先頭の長刀鉾が出発。稚児の岡本善太君(11)が四条通に張られたしめ縄を太刀で切り落とすと、沿道から「おおー」というどよめきと大きな拍手が起こった。

見せ場は四条河原町の交差点で鉾が90度の方向転換をする「辻回し」。車輪の下に竹を敷いて水をまき、引き手の男性らがかけ声に合わせて縄を引っ張ると、鉾はバリバリと音を立てて大きく向きを変えた。

各山鉾保存会は事前に参加者のワクチン接種歴の確認を行うなど感染対策を実施。その上で熱中症防止のため、引き手を中心にマスクを外して巡行に臨んだ。

24日は祭り後半の「後祭」が行われ、11基の山鉾が巡行する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン