/

この記事は会員限定です

関西3府県の病床逼迫、一般診療に影響拡大 搬送困難増

[有料会員限定]

大阪、兵庫、京都の3府県で新型コロナウイルス患者向けの病床逼迫が続く中、一般診療への影響が広がっている。救急医療や手術を制限し、一般病床をコロナに転用する病院が増加。回復後の転退院を調整する保健所業務の停滞も病床逼迫の一因となっている。専門家は「保健所業務の民間委託を積極的に活用し、転院調整などを優先すべきだ」と指摘する。

「救急搬送の一般患者の受け入れを断ったり、手術を延期したりする例が出てい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1300文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン