/

国軍に抗議のミャンマー選手、帰国拒否「難民申請する」

(更新)

5月に千葉市で開かれたサッカー・ワールドカップ(W杯)予選試合で、クーデターを起こしたミャンマー国軍への抗議を示す3本指を掲げた同国のピエ・リヤン・アウン選手(27)が16日、帰国を拒否した。17日未明、関西空港で支援者と合流し、「自分の意思で帰国を拒否した。難民申請する」と報道陣に語った。

同選手は17日までのオンラインインタビューで、帰国すれば2月のクーデターで全権を掌握した国軍に拘束され「命の保証がない」と懸念を表明。アウン・サン・スー・チー氏(軟禁中)が率いる政権が復活すれば「国に帰りたい」と述べた。

日本政府は5月、緊急避難措置として、日本在留の継続を望むミャンマー人に在留延長を認めると発表していた。同選手は他の選手とともに16日深夜、関西空港から帰国の途に就く予定だった。

同選手は空港で報道陣に「帰国したら命の危険があるので日本に残ることを決めた。しばらく日本に滞在したい」と語った。日本には「これからもミャンマーを助けてほしい」と訴え、改めて3本指を示した。他選手や家族の身の安全への心配も示した。

5月28日の日本代表戦はクーデター後、ミャンマー代表にとって初の国際試合。同選手は国歌斉唱の際、英語で「WE NEED JUSTICE(私たちには正義が必要)」と記した3本指を掲げる姿がテレビで放映されて注目を集めた。反国軍デモの参加者が取るポーズで、独裁への抵抗を意味している。

同選手は取材に「国軍はニワトリ1羽を絞め殺すかのように国民を撃ち殺しており、許せない」と強く非難し、来日前から3本指のポーズを取ると決意していたと説明した。来日してサッカー代表選手という立場で抗議することは国際社会への「メッセージ性が強いと思った」と語り、「正義と公正な社会を再び獲得できるよう、日本政府と国際社会に後押ししてほしい」と求めた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン