/

この記事は会員限定です

南都、資源高の影響注視 池田泉州は課題解決営業を強化

関西地銀の通知表

[有料会員限定]

南都銀行の2022年3月期の税引き利益は新型コロナウイルスの感染拡大が本格化する前の20年3月期と比べ、3.6倍の118億円となった。20年3月期は遅れていた不良債権処理を一気に進めていたため、その反動増の影響が大きいが、本業のもうけを示すコア業務純益(投資信託解約損益除く)も86%増と順調に伸ばしている。

「コロナよりも心配なのは仕入れ高だ」。南都銀の石田諭副頭取は決算会見で足元の資源高へ警戒...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン