/

「男性は返還困難な状況」 山口県阿武町4000万円誤送金

山口県阿武町が463世帯分に相当する新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金4630万円を誤って1世帯に振り込み、世帯主の男性(24)に返還を求めて提訴した問題で、男性の代理人弁護士が16日、山口市で記者会見し、男性が振込金を使ってしまい、返還が困難な状況だと明らかにした。「訴訟で何らかの解決が図れるように検討したい」と語った。

男性は代理人に対し、入金された自身の口座から、スマートフォンを使って送金したと説明したという。使途や動機も話しているとしたが「事実確認が取れていない」と明らかにしなかった。第三者の関与はないとの見方も示した。

一方、町が12日の提訴時に男性と連絡が取れなくなっていると説明したことに関し「所在不明になった事実は一切ない」と反論。男性は4、5月の2回、県警の任意聴取を受け、スマホを提出して返還されておらず連絡手段がないためだと主張した。

給付金は1世帯当たり10万円。町が住民税非課税の463世帯に10万円ずつを振り込んで正規の手続きを終えた後の4月6日、名簿の一番上にあった男性の名前と4630万円の金額が記載された振込依頼書を、町職員が誤って金融機関に提出。同8日に全額が男性の口座に振り込まれた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン