/

パナソニック側敗訴、LED照明器具の知財訴訟 大阪地裁

(更新)

パナソニックとその子会社が、自社で保有している発光ダイオード(LED)照明器具の構造に関する特許権を侵害されたとして、東証1部上場の遠藤照明に計10億円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は16日、パナソニック側の請求を棄却した。控訴する方針。

訴訟資料によると、パナソニック側は2012~13年、光線のちらつきを軽減させる効果があるLEDの配置法則や、天井からの張り出しが少ない器具の構造などの特許を7件出願。遠藤照明の製品がこれらを侵害していると訴えていた。

被告の遠藤照明は「出願前にちらつき感のない照明器具は広く知られ、特許と同様の構造を持つ張り出しの少ない製品が出回っていた」と反論していた。

判決で杉浦正樹裁判長は、ちらつきの少ないLED配置について「被告は原告側の特許と同一性が認められる発明をし、原告の出願時点で、国内で事業展開していた」として「原告は特許権を行使し得ない」と認定した。張り出しの少ない構造については、出願前に特許と同一の構造を持つ製品が出回っていたとした。

パナソニックは「主張が認められず遺憾。判決は承服しかねるため控訴する」とのコメントを出した。遠藤照明は「判決内容を精査していないのでコメントできない」とした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン