/

阪急うめだ本店、食品売り場を当面休業 コロナ89人感染

(更新)

阪急阪神百貨店は16日、阪急うめだ本店(大阪市)で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したため、地下の食品売り場などを17日から当面休業すると発表した。7月27日~8月16日に89人の感染が判明し、大阪市保健所からクラスターとの連絡を受けた。

感染者の多かった地下1階の食品売り場と、1階にあるアクセサリーや雑貨の売り場を休業する。営業再開の日時は未定としている。

同社では阪神梅田本店(大阪市)でもクラスターが発生した。4日間で約50人の感染を確認し、7月末から一時、全館で臨時休業した。地下の食品売り場などは休業が続き、8月20日から再開するとしている。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン