/

この記事は会員限定です

コロナ症状、脳にも飛び火 うつ発症の一因も

隣のウイルス③波紋

[有料会員限定]

新型コロナウイルスは、高熱や息苦しさのほかにも様々な症状を引き起こす。感染の影響は、波紋が広がるように脳まで及ぶとの見方も出てきた。感染の足がかりになる鼻や喉から離れたところに飛び火するのはなぜか。ウイルスの策略をも感じさせる謎の解明に研究者が挑んでいる。

新型コロナウイルスが増えるのは鼻の中や喉、肺だが、記憶障害やうつ症状に悩む人がいる。東京慈恵会医科大学の近藤一博教授には思い当たる節があった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン