/

この記事は会員限定です

積水化学元社員に有罪判決 身内に潜む漏洩リスク

「内部関与」4割超の調査

[有料会員限定]

積水化学工業の機密情報を中国企業に漏洩したとして、不正競争防止法違反罪に問われた元社員に対し、大阪地裁は18日、執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。企業の機密情報の不正な持ち出しが後を絶たない中、漏洩元は現役従業員や中途退職者など内部関係者が4割超に上る調査結果もある。企業側に管理体制強化の必要性を改めて突きつけている。

「営業秘密が国外へ流出するリスクが高まる中、国外流出に対して強い抑止力を働かせる必要があ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン