/

この記事は会員限定です

NISSHA、木材パルプ由来の代替プラ容器を欧州生産 

[有料会員限定]

電子部品などを手掛けるNISSHAは、2021年夏から欧州で代替プラスチック素材の容器の生産を始める。既にドイツの自動車部品工場に数千万円を投じて製造ラインを設けた。消費者の環境意識が高い欧米市場を取り込み、30年には環境資材の分野で500億円の売上高を目指す。

同社が手掛ける代替プラ素材の容器は、木材パルプ由来のものと木質チップなどを固めるものの2種類。新設したドイツの工場のラインでは毎月10万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り741文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン