/

この記事は会員限定です

京セラ、自動運転の技術開発へ「自前」コース

[有料会員限定]

京セラは自動運転の関連技術を開発するため、横浜市にテストコースを設けた。全長約400メートルでトンネルや交差点、坂道を再現した。2030年までに信号機などに設置するセンサーとクルマを通信でつなぎ、十字路の死角など車載センサーだけでは避けきれない事故の危険性を低減するシステムを開発する。

人工知能(AI)が車両や人を検知するカメラやミリ波レーダー、赤外線カメラを開発する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン