/

王将フードの22年3月期、純利益2.1倍 20円増配

「餃子の王将」を運営する王将フードサービスが16日発表した2022年3月期の連結決算は、純利益が前の期比2.1倍の88億円だった。デリバリーや持ち帰りが好調だったほか、店舗の営業時間短縮による協力金収入が利益を押し上げた。年間配当は120円と前の期実績に比べて20円増やす。

売上高は5%増の847億円。営業利益は15%増の69億円だった。売上高に占めるデリバリーなどの「店外比率」は39%と6ポイント高まった。同日の記者会見で渡辺直人社長は「(店外比率は)新型コロナウイルス禍の前の2倍になった」と話した。

23年3月期は純利益が前期比38%減の54億円になる見通し。協力金収入がなくなる影響などが出る。売上高は6%増の900億円、営業利益は8%増の75億円を見込む。渡辺社長は「一部メニューの値上げによる増益は(営業利益ベースで)約20億円と見込んでいる」と述べた。原材料価格や人件費、光熱費などの上昇は約15億円の減益要因となるが値上げで補う。

関西セクショントップページはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン