/

この記事は会員限定です

荒廃農地を太陽光発電所に エイコー、三菱商事に売却

[有料会員限定]

OA機器販売などを手がけるエイコー(大阪市)を中核とするエイコーグループは太陽光発電所の開発事業に乗り出す。荒廃農地や丘陵地を対象に、2025年までに合計100カ所超、発電能力で80メガワット程度を見込む。完成した設備は三菱商事などに売却するとともに、稼働後の保守・メンテナンスを請け負う。

エイコーグループのエイコーエナジオ(同)が、太陽光発電のコンサルタント会社であるルシッドマネージメント(同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン